科学の発達は目覚ましいものがあります。ドローン、AI(人工知能)、遺伝子組み換え技術…、社会はどんどん進歩します。その根底には数学や理科などのきっちりと「はかる」精微さがあります。▼一方でその力強い技術の席巻によって肩身...

machiadmin 2020年3月28日 続きを読む

トルストイの『アンナ・カレーニナ』には「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである」という言葉がある。幸福、不幸の定義は知らないが、この本から一見した幸福な家庭にもその内に闇もあれば、...

machiadmin 2020年2月28日 続きを読む

「私は探さない、見つけるのだ」ピカソはあらゆうるものを創造の源泉にして、新しい表現を開拓する変幻自在ののマルチパフォーマーだった。常に優れた表現を取り入れ続け、作品を刷新して、やがて創作物は「ピカソ」の独創となっていった...

machiadmin 2020年1月28日 続きを読む

いよいよ2020年。テレビ中継を見ていると、スポーツ選手の鍛え上げた身体に惚れ惚れします。あんな風になれたらなあ(´∀`)とは思っても、いくらなんでも無理無理…。そこまではいかなくとも、いつまでも健康でありたいものです。...

machiadmin 2019年12月28日 続きを読む

寒くなってきましたので熱い本のご紹介です。著者は多読家としても知られ、ネットの「千夜千冊」という本の紹介サイトの運営者としても有名です。そこの場においては、すでに1,700冊超える本が紹介され、今でも更新され続けておりま...

machiadmin 2019年11月28日 続きを読む

かつては甲府にも花街があったと聞く。夢のごとき浮世と隔絶された聖域。しかし、その中には、やってくる人、暮らす人、それぞれに負い目を背負った憂き世がある。銀蝶がはかなく舞う幻のような世界。クライマックス、5人の恋情が極まり...

machiadmin 2019年10月28日 続きを読む

秋は気持ちいい季節です。今回紹介する本は、移ろいゆく季節を感じながら、ゆるやかな日常を描いた小説です。▼舞台は鎌倉、主人公の父と園児の息子、それに隣に住む便利屋の兄妹を中心にした物語です。なにも大きな事件は起こらないので...

machiadmin 2019年9月28日 続きを読む

令和という元号にもすっかり慣れてきました。今回は『万葉集』からの出典ということで、問い合わせが沢山ありました。ご存知のように『万葉集』は日本の最古の和歌集です。日本文化は様々ありますが、その先は歌に行き着きそうですね。▼...

machiadmin 2019年8月19日 続きを読む

夏になると誰もが幼少期の夏休みを思い出します。みなさんはどんな本が好きでしたか。たまには童心にかえり想像力を伸ばしてみると、ずっと忘れていた感覚がふっと蘇る時があるのに気づきます。▼今回、ご紹介する本は傑作絵本でもありま...

machiadmin 2019年7月28日 続きを読む

現代社会は本当に豊かで便利な社会にはなりました。ですが、その一方で忙しくせわしなくなり、人々から余裕を奪ってしまいました。仕事、家庭、人間関係、健康、お金…様々な面でストレスを抱えてしまう世の中です。▼この本はストレスか...

machiadmin 2019年6月28日 続きを読む
寒い夜には熱い本をお供に
『本から本へ』

寒くなってきましたので熱い本のご紹介です。著者は多読家としても知られ、ネットの「千夜千冊」という本の紹介サイトの運営者としても有名です。そこの場においては、すでに1,700冊超える本が紹介され、今でも更新され続けておりま...

2019年11月28日
粋ができなきゃ『甲府は暗夜(やみ)だわ』
『日本橋』

かつては甲府にも花街があったと聞く。夢のごとき浮世と隔絶された聖域。しかし、その中には、やってくる人、暮らす人、それぞれに負い目を背負った憂き世がある。銀蝶がはかなく舞う幻のような世界。クライマックス、5人の恋情が極まり...

2019年10月28日
気持ちのいい秋の散歩の方法
『季節の記憶』

秋は気持ちいい季節です。今回紹介する本は、移ろいゆく季節を感じながら、ゆるやかな日常を描いた小説です。▼舞台は鎌倉、主人公の父と園児の息子、それに隣に住む便利屋の兄妹を中心にした物語です。なにも大きな事件は起こらないので...

2019年9月28日
昔の人との気持ちの交換
『万葉集』

令和という元号にもすっかり慣れてきました。今回は『万葉集』からの出典ということで、問い合わせが沢山ありました。ご存知のように『万葉集』は日本の最古の和歌集です。日本文化は様々ありますが、その先は歌に行き着きそうですね。▼...

2019年8月19日
いちばん大切なものってなんだろうね。
『100万回生きたねこ』

夏になると誰もが幼少期の夏休みを思い出します。みなさんはどんな本が好きでしたか。たまには童心にかえり想像力を伸ばしてみると、ずっと忘れていた感覚がふっと蘇る時があるのに気づきます。▼今回、ご紹介する本は傑作絵本でもありま...

2019年7月28日