山梨県は健康長寿の人が多いと言われています。その理由の一つとしてあげられるのが「無尽」。そこにはたくさんの笑いがあると思います。どんな時でも笑いがあれば気持ちが切り替わり、元気になるのが人間の不思議です。▼この本にはクス...

machiadmin 2020年6月28日 続きを読む

新型コロナウイルスの影響で家にいる時間が増えた。「いつまで続くのか」と思うと憂鬱になるが、そんな時には思いきり笑って元気を取り戻したい。「一番よく笑ったのはいつだろう」と思い、小学生の時に大好きだった漫画を思い出した。▼...

machiadmin 2020年5月28日 続きを読む

新型コロナウイルスが猛威を振るう。意気消沈した言葉ばかりを聞くようになった。ウイルスの恐怖、先行きへの不安とともに、自分の気持も塞ぎ込みがちになってしまう。▼この本には「折れない心のつくり方」という副題がついている。レジ...

machiadmin 2020年4月28日 続きを読む

科学の発達は目覚ましいものがあります。ドローン、AI(人工知能)、遺伝子組み換え技術…、社会はどんどん進歩します。その根底には数学や理科などのきっちりと「はかる」精微さがあります。▼一方でその力強い技術の席巻によって肩身...

machiadmin 2020年3月28日 続きを読む

トルストイの『アンナ・カレーニナ』には「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである」という言葉がある。幸福、不幸の定義は知らないが、この本から一見した幸福な家庭にもその内に闇もあれば、...

machiadmin 2020年2月28日 続きを読む

「私は探さない、見つけるのだ」ピカソはあらゆうるものを創造の源泉にして、新しい表現を開拓する変幻自在ののマルチパフォーマーだった。常に優れた表現を取り入れ続け、作品を刷新して、やがて創作物は「ピカソ」の独創となっていった...

machiadmin 2020年1月28日 続きを読む

いよいよ2020年。テレビ中継を見ていると、スポーツ選手の鍛え上げた身体に惚れ惚れします。あんな風になれたらなあ(´∀`)とは思っても、いくらなんでも無理無理…。そこまではいかなくとも、いつまでも健康でありたいものです。...

machiadmin 2019年12月28日 続きを読む

寒くなってきましたので熱い本のご紹介です。著者は多読家としても知られ、ネットの「千夜千冊」という本の紹介サイトの運営者としても有名です。そこの場においては、すでに1,700冊超える本が紹介され、今でも更新され続けておりま...

machiadmin 2019年11月28日 続きを読む

かつては甲府にも花街があったと聞く。夢のごとき浮世と隔絶された聖域。しかし、その中には、やってくる人、暮らす人、それぞれに負い目を背負った憂き世がある。銀蝶がはかなく舞う幻のような世界。クライマックス、5人の恋情が極まり...

machiadmin 2019年10月28日 続きを読む

秋は気持ちいい季節です。今回紹介する本は、移ろいゆく季節を感じながら、ゆるやかな日常を描いた小説です。▼舞台は鎌倉、主人公の父と園児の息子、それに隣に住む便利屋の兄妹を中心にした物語です。なにも大きな事件は起こらないので...

machiadmin 2019年9月28日 続きを読む
涼しい場所を探して
『離島発 生き残るための10の戦略』

「ここが一番涼しいや。」銀座通りにあるベンチに腰掛けたおじさんが言いました。ここはアーケードがあるために日陰で地面からの照り返しがなく、また、東西に風が吹きぬけるのでとても気持ちが良いんですよ。中心街の天然クーラーですね...

2014年7月28日
七夕祭り
『銀河鉄道の夜』

七月といえば銀座通りの最大のイベント「七夕祭り」です。すでに飾り付けも終わり当日を迎えるばかりです。この時期は幼稚園からお年寄りまで見学が増えて賑やかです。今年は中心街で毎年開催される「まちの芸術祭」のメンバーが商店主と...

2014年6月28日
旅先の路地
『新 世界の路地裏』

甲府の中心街で好きな場所の一つが裏春日の路地です。最近は寂しくなり「恐い」という人がいますが、見方を変えると本当に素敵な場所です。肩と肩がぶつかった華やかな全盛期、バブル後の低迷期、良い時も悪い時もそのあり様を見つめ続け...

2014年4月28日
出会いの季節
『魔女の宅急便』

4月といえば新学期です。当店にとっても1年の中で最も慌ただしい季節です。特に新入生は環境がまるっきり変わりますね。緊張や不安があっても、それ以上に新しい世界への期待感はひとしおでしょう。街を行き交いながらドキドキワクワク...

2014年3月28日
甲府の贅沢♡
『Farmer’s KEIKO 農家の台所』

先日の大雪は大変でしたが、街を歩いていると段々と春を感じることが多くなってきましたね。例えば八百屋さん。立春の頃から菜の花、ふきのとう、こごみが並び始め、今は所狭しと春野菜が並んでいます。そんな様子を見ながら歩いていると...

2014年2月28日
春よ 来い来い。福も来い。
『福を 呼び込む 和のならわし』

いよいよ2月3日の節分が近づいてきました。このお祭りが終われば、春はもうすぐそこです。この日は甲府市民なら誰もがご存知の大神宮のお祭りがありますね。「福は内、鬼は外」と家内の無病息災や益々の商売繁盛を祈念し、春の訪れを喜...

2014年1月28日
「どこにでもありそうだけど、ここにしかない。」 さて、それはなあに?
『まちミューガイドブック 甲府市中心街編』

商店街の楽しみの一つといえばは「まち歩き」です。いよいよクリスマスシーズンが近くなり、少しずつ街中がキラキラしてきましたね。寒い季節ですが、この時期のウインドウショピングが何と言っても一番素敵です。散歩をしていてもどこか...

2013年11月28日
古いものを大切にしろし
『逝きし世の面影』

知ってるけ?甲府の街は創業100年になる店がいっぱいあるだよ。中にはね松林軒さんのように天保から続く店もあるさ。「ずうっと長い間、毎日 お店が開いている」ただそれだけで、みんなの心に明かりが灯り、地域の安心につながるじゃ...

2013年10月28日