子供の頃は水たまりや鏡に映る自分を見て、この向こう側にはまた別の世界があるのではないかと想像した人も多いのではないでしょうか。今回の本は自転車での衝突から、突然にパラレルワールドに入ってしまった少年の本です。そこは家族や...

machiadmin 2020年8月28日 続きを読む

山梨県は健康長寿の人が多いと言われています。その理由の一つとしてあげられるのが「無尽」。そこにはたくさんの笑いがあると思います。どんな時でも笑いがあれば気持ちが切り替わり、元気になるのが人間の不思議です。▼この本にはクス...

machiadmin 2020年6月28日 続きを読む

新型コロナウイルスの影響で家にいる時間が増えた。「いつまで続くのか」と思うと憂鬱になるが、そんな時には思いきり笑って元気を取り戻したい。「一番よく笑ったのはいつだろう」と思い、小学生の時に大好きだった漫画を思い出した。▼...

machiadmin 2020年5月28日 続きを読む

新型コロナウイルスが猛威を振るう。意気消沈した言葉ばかりを聞くようになった。ウイルスの恐怖、先行きへの不安とともに、自分の気持も塞ぎ込みがちになってしまう。▼この本には「折れない心のつくり方」という副題がついている。レジ...

machiadmin 2020年4月28日 続きを読む

科学の発達は目覚ましいものがあります。ドローン、AI(人工知能)、遺伝子組み換え技術…、社会はどんどん進歩します。その根底には数学や理科などのきっちりと「はかる」精微さがあります。▼一方でその力強い技術の席巻によって肩身...

machiadmin 2020年3月28日 続きを読む

トルストイの『アンナ・カレーニナ』には「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである」という言葉がある。幸福、不幸の定義は知らないが、この本から一見した幸福な家庭にもその内に闇もあれば、...

machiadmin 2020年2月28日 続きを読む

「私は探さない、見つけるのだ」ピカソはあらゆうるものを創造の源泉にして、新しい表現を開拓する変幻自在ののマルチパフォーマーだった。常に優れた表現を取り入れ続け、作品を刷新して、やがて創作物は「ピカソ」の独創となっていった...

machiadmin 2020年1月28日 続きを読む

いよいよ2020年。テレビ中継を見ていると、スポーツ選手の鍛え上げた身体に惚れ惚れします。あんな風になれたらなあ(´∀`)とは思っても、いくらなんでも無理無理…。そこまではいかなくとも、いつまでも健康でありたいものです。...

machiadmin 2019年12月28日 続きを読む

寒くなってきましたので熱い本のご紹介です。著者は多読家としても知られ、ネットの「千夜千冊」という本の紹介サイトの運営者としても有名です。そこの場においては、すでに1,700冊超える本が紹介され、今でも更新され続けておりま...

machiadmin 2019年11月28日 続きを読む

かつては甲府にも花街があったと聞く。夢のごとき浮世と隔絶された聖域。しかし、その中には、やってくる人、暮らす人、それぞれに負い目を背負った憂き世がある。銀蝶がはかなく舞う幻のような世界。クライマックス、5人の恋情が極まり...

machiadmin 2019年10月28日 続きを読む
日々の円滑なコミュニケーションは技術です
『察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方』

話が噛み合わない、話が弾まない、苦手な人がいる…、相性の問題は誰にとってもあることですよね。男は察しが悪くて理屈っぽい。一方、感情的で感覚的で言わなくても分かってほしいのが女。両者は異星人といっていいほどタイプとカテゴリ...

2018年10月28日
今後の人生を想像する一冊
『鶴と亀 禄』

高齢化社会を扱った本です。表紙の通りに前衛的なデザインで表現しています。おじいちゃん、おばあちゃんの魅力が詰まっています。私は「カッコいいなあ」と思っていると、若い女性は「かわいい♪」と表現する写真の数々。人生の生き様が...

2018年8月28日
古典だって「まんが」であれば怖くない!
『幸福について』

「講談社まんが学術文庫」が創刊された。『罪と罰』『資本論』『歎異抄』…古典を読みやすく漫画化した人気シリーズだ。現代は目まぐるしく社会が変化して、それに合わせて処世術も次々に生まれる。読者はそんな時代の流れの速さに合わせ...

2018年7月28日