お庭のバジルで ジェノベーゼパスタ


奥秋曜子のめしあがれしぴ

作り方を覚えれば何かと使えるジェノベーゼソース。
酸化が早いので作り置きには向きませんが、無添加の手作りならではの豊かな風味や楽しい食感が味わえます。

材料(1人分)



■パスタ(細めのもの)  170g
■生ハム(スライス)   4枚
■ジェノベーゼソース   大さじ3〜4
・バジル…80g
・にんにく…1かけ
・松の実(ロースト)…30g
・くるみ(ロースト)…20g
・パルミジャーノレッジャーノまたは粉チーズ…40g
・塩・こしょう……適量
・オリーブ油(E.V.O.)…100〜150ml

※ミキサーの種類によっては少量では混ざりにくいので、作りやすい分量を作る

作り方


1. ジェノベーゼソースを作る。
ミキサーに塩・こしょう、オリーブ油以外の材料を入れ、低速で撹拌してペーストにする。





2. 塩・こしょうで味を調え、絶えず混ぜながらオリーブ油を少しずつ加えて撹拌する。





3. 大き目の鍋にたっぷりと湯を沸かし、湯の分量の1%の塩を入れ、パスタを袋の表示時間通りに茹でる。



4.フライパンにジェノベーゼソースを取り分けて入れ、ゆで汁で濃度を調整しながら弱火で加熱する。



5.パスタが茹で上がったら、4に入れてあおるように混ぜる。好みでオリーブ油を加える。



6.盛り付けたら生ハムをトッピングして完成!



★今回合わせたのは「アイスカフェオレ」。
タケイコーヒーオリジナルの深煎りブレンドをアイスで!

※このレシピの著作権は奥秋曜子氏にあります。無断で使用・複製・転写することは法律により禁止されています。