甲府の懐かし写真館~佐渡町~



今回から新シリーズ「甲府の懐かし写真館」が始まりました。みなさんからお寄せいただく懐かしい写真を糸口に、甲府の歴史を少しずつ紐解いていきたいと思います。ぜひ、懐かしいお写真をお持ちの方は、下記連絡先までご連絡ください。
初回は、弊社ニュースコム本社のある相生地区佐渡町の懐かしい写真をお借りしました。

写真は昭和20年代後半から30年代前半の佐渡町春の祭典の様子です。子どもたちはそろいの法被を着て、宮大工さんに作ってもらった子ども神輿を担ぎ、町内を練り歩きました。
当時の佐渡町には100世帯ほどが軒を連ねていました。終戦後、昭和20年代中頃はまさに日本中がベビーブーム。甲府の人口も、昭和22年の104,993人から昭和30年には154,494人と一気に5万人も増えています。
道路は未舗装で、自動車もほとんど通らず、路地裏にはメンコやベーゴマで遊ぶ子どもたちの笑い声が響いていました。



参考資料:歴史を経て新しい時代に福祉保健の町 相生 花菱、甲府市統計書

懐かしの写真大募集!
このコーナーでは、明治〜昭和の古いものから、平成初期のちょっと懐かしいものまで甲府の写真を探しています。



ニュースコムマチコレ!編集部
☎0120-35-5458
✉info@machikore.com
※お預かりした写真は編集部でデジタルデータ化の後、お返しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です