甲府の懐かし写真館~平成初期の七夕まつり~

平成4年の七夕まつり(写真提供 星野雅子(マリリン)氏)

 今年はコロナ禍の影響でお祭りやイベントが軒並み中止となり、甲府のまちの夏の風物詩七夕まつりも残念ながら中止が決まりました。今回は少し懐かしい平成の頃の七夕まつりの写真をお預かりしました。

 甲府の七夕まつり(甲府夏祭り)は戦後すぐに始まり、昨年で70回目を迎えたイベントです。アーケードが連なる商店街を、色とりどりの吹流しや飾りが彩り、出店もたくさん立ち並び大勢の人で賑わいます。1枚目の写真は平成4年のペルメ桜町、三枝豆店北側の空き地に特設されたステージで行われた浴衣着こなしコンテストの様子です。30年経たずとも懐かしさを感じます。この頃三枝豆店の隣にはローソンがありました。


 2枚目の写真は平成7年のオリオン通り、七夕飾りの審査中。右手にはパセオの入口が見えます。こちらは直接地下へと続く入口だったはず。


 3枚目は銀座通りにもんじやの前辺り、大勢の人出の中当時の山本栄彦甲府市長の楽しそうな姿が印象的です。

 来年はまた賑やかな七夕まつりになるといいですね。今年はそのことを短冊に願いましょう。