店主の志村さんは、2018年3月に亡くなった内田康夫さんの人気ミステリー「浅見光彦シリーズ」の大ファン。ASAMIを逆から読んで店名としたほどで、ファンクラブを通して内田さんご本人とも親交があり、作中に登場する喫茶店のモデルにもなりました。
そんな今再珈琲店が2018年7月末、23年の歴史に幕を下ろします。自家焙煎でまろやかな味の今再ブレンド、奥様の特製ハヤシライス(1日10食限定)など、長年愛された変わらぬ味が味わえるのも、モーツァルトの流れる落ち着いた店内で寛げるのも、残りあと1ヶ月。 ぜひ多くの人に訪れてほしいと思います。
(2018/6/28)


2019年5月再OPEN!

昨年7月に惜しまれつつ閉店した名店を引き継いだのは、なじみ客だった長井ご夫妻。
タイミングに導かれた「不思議なご縁」があったそうで、自分達にとっても大事なこの場所をそのまま残したいと、変えたのは表の看板と、ビールとワインを扱い始めたことくらい。前オーナーの志村ご夫妻から何よりも「人の繋がり」を大切に引き継がれたことで、安心してスタートできたといいます。もちろん珈琲の淹れ方、デザートや名物のハヤシライスのレシピなども教わり、ご主人の珈琲は「まだまだ発展途上」としながらも以前と同じ味を目指して頑張っています。
素敵な世代交代に、お客さん達もきっと喜んでいるはずです。


INFORMATION

■ 住所 山梨県甲府市湯村3-2-44
■ 電話 090-4961-7552
■ 営業時間 10:00~20:00 (火曜日は17:00まで)
■ 定休日 水曜















MAP


One Reply to “今再(IMASA)珈琲店”

  1. 今年の3月、内田康夫さんが亡くなったと聞き、軽井沢に献花に行く途中、「今再コヒー店」に寄るつもりが、時間がなく、次の機会、と、思っていました。やっと、12月に予定がとれて、ネット検索をみたら、何と、7月で閉店、とか、とっても、残念です。店内の写真を拝見して、諦めています。永い間、お疲れ様でした。
    行く前に、黄金の石橋、を、もう一度読み直して、楽しみにしていたのですが・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。