毎年四月に行われる「天津司の舞」の九体の御神像は、この神社に眠っています。

「天津司の舞」は千年以上もの間、口伝のみで受け継がれている日本最古の人形芝居。
天津司神社から鈴宮諏訪神社を御幸します。
日本で初めての重要無形民俗文化財に指定され、「天津司の舞保存会」の方たちによって伝承されています。

⇒関連:鈴宮諏訪神社

マチコレ!編集部ブログ『念願の「天津司の舞」!見てきました。』
マチコレ!表紙のスケッチ(2011年4月号表紙)

INFORMATION

■ 住所山梨県甲府市小瀬町557
P4082792 P4082549

MAP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。