念願の「天津司の舞」!見てきました。

8日の日曜日、天津司の舞を見てきました。

千年以上もの間、口伝のみで受け継がれている日本最古の人形芝居。
日本で初めての重要無形民俗文化財に指定され
「天津司の舞保存会」の方たちによって伝承されています。
(私が男性で小瀬に住んでたら迷わず会員になりたい。)

Array

12:00、小瀬の天津司神社にて神事が行われました。

天津司神社社紋は九曜紋。
とっても小さな神社ですが、ここに九体の御神像が眠っています。

<天津司の舞リーフレットより引用>———————
昔、小瀬の里が開けないころ、12神が天から下り舞楽を奏したが、
その後2神は天に帰り、1神は西油川の鏡池に飛び入ってなくなった。
しかし残る9神が舞楽を奏し続け、小瀬の里が開かれたので
役人がこの神を模して神像をつくり、舞楽の始まりとなった
—————————————————————–
ふーむ、なるほど。
(亡くなった神様が気になる…!)




Array

御神像の顔には赤い布が巻かれています。
何故なのでしょう?分からないんです。
でも神様だから、といわれればそれで納得なのです。
人形の頭は500年以上昔のものなんですって。

Array

笛や太鼓の囃子とともに、神様ご一行が鈴宮諏訪神社まで御幸します。

御幸2

御幸3

この日のスポーツ公園はお花見の親子連れが多く、
途中、なんだなんだ?と人が集まってきました。
子供だけでなく、大人からも「こわい…」なんて声が聞かれました。

誤解を恐れずに言えば、確かに異様な雰囲気があると思います。
でも、何も知らない人から見ても
それがなにか尊いものであるということは分かる。

神様への畏怖と畏敬の念みたいなものって
理屈じゃないけど大切なものだと思うんですよね
神事ってのはそういうものかなと(何か上手く言えないですけど)

Array

それにしても、いまでこそ、スポーツ公園内の縦断ですが
昔は田んぼや畑の中を歩いてもっと風情があったでしょうね。

Array

Array

鈴宮諏訪神社に到着です。

舞の舞台となる御船囲の周りには、すでに多くの人が。
(幕が円形に張られているのですが、この写真じゃわかりにくいですね↓)

Array

舞の順番は御幸とおなじで決まっています。
最初は御編木(おささら)様のターン!

Array
一の御編木様

Array
二の御編木様

続いて御太鼓様のターン!

Array
一の御太鼓様

Array
二の御太鼓様

御鼓様と御笛様の(ry

Array
御鼓様

Array
御笛様

次の御鹿島様は、九体のうち最も重要な位置付けにあるのだそうで、

他の神様が二体ずつで舞うところ、御鹿島様だけは一体で舞います。

Array
御鹿島様

Array

小刀両手にとってもアグレッシブ。
でもそんな御鹿島様の投げる木の小刀は、魔よけのお守りになるんだとか。
残念ながら私の方には飛んでこなかった…

最後の御姫様と鬼様の二体の舞は、物語として分かりやすいですね。

Array
御姫様

Array
鬼様

本当に素朴な舞ですが、満開の桜の下、これが受け継がれてきた千年もの歴史を思い
なんだか不思議な気持ちになります。

Array

ちなみに一体を数人がかりで操るそうですが
御船囲の中は基本的に見えないようになっているので
見せない所は見ないのがマナーかなと…
天津司の舞はいわゆる「秘伝」のようなものですしね。


舞が終わると、またすぐにお帰りです

Array

Array

もと来た道を通って

Array

天津司神社へと戻ってきました。

Array

神様たちは、静かに静かにまた一年の眠りにつきます。


何だか「ただならぬものを見た」という思い…
お祭りといっても、出店もない、アナウンスもない、そもそも周囲に対して何も説明がない。
素朴な伝統芸能、神事としての伝統が守られているというのが感じられて
とても感動しました。

これからもずっと守り伝えられてほしいお祭りです。

念願の「天津司の舞」!見てきました。 への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マチコレ!TOP
2012年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
過去の記事