2011年5月号 端午の節句

2011.05
 端午の節句は奈良時代から続く古い行事。当時は邪気を避け魔物を祓う薬草とされていた菖蒲を、よもぎと共に軒にさし、あるいは湯に入れて菖蒲湯として浴した。江戸時代以降は「菖蒲」と「尚武(武士を尊ぶ)」をかけた男子の節句とされ、身を守る鎧兜を飾り、鯉のぼりを立て健やかな成長や立身出世を願って祝うようになる。
 新緑の美しいこの季節。両家家族や知人を招き、みんなの笑顔で子どもを包もう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です