2020年4月号
新年度の始まりのエピソード

1月とは別の意味で新しい一年の始まりを感じる4月。
今回は「新年度の始まりのエピソード」を教えてください。

甲府市愛宕町 60代 女性
3月31日で仕事をやめました。4月1日からは、「今日は~をこなさなければならない」という考えでなく「今日は何をしようか」と0から考える始まりでした。
◆何をしてもいい☆何だってできる☆
甲府市宝 70代 女性
小学校から高校まで、新学期のドキドキは、担任発表から始まりました。私は、なんと、小一から高三まで担任は男性教員でした。男の先生が少なかった時代にめずらしいと言われましたが、一度でいいから女の先生に教わりたかったです。
◆高3の4月、脱力と同時に達成感もあったのでは(笑)
甲府市湯田 70代 男性
昔、付き合っていた女性の言葉です
「4月は、やはり、桜と入学式だね」と小生が言ったら「島根県では桜は散ってるね」「じゃなにがあるの?」「やっぱり入学式はチューリップです」
◆あ~なるほど!桜は卒業式かな?
甲府市相生 60代 男性
4月の初めは「4月1日」のエイプリフールで始まります。毎年、4月1日は、妻にささやかな愛すべき「ウソ」を発表しています。今年は、どんな「ウソ」を話そうかな……
◆バレたあとも笑顔になれるやつを♡
甲府市善光寺 70代 女性
はるか昔、娘が小学校に入り、その時役員選出でじゃんけんに負け、学年の委員長ということで、入学式の時、代表で挨拶。人前での話が苦手な私。桜の花が咲き始め…とあとは記憶になし。
◆よく頑張りました!

甲府市朝気 70代 女性
60年も前のこと。4月高校卒業して都内で就職した。会社の寮は2人部屋で、栃木の人も私も、それぞれ方言で寮の食堂で先輩に「何を言っているのかわからない。ローカル色豊かなこと」とよく笑われたが、2ヶ月後すっかり都会の言葉になった。
◆垢ぬけちゃったのねぇ~
甲府市太田町 50代 男性
今から38年前の4月、神奈川県座間市の会社でスタートしました。普通なら前日に新しい土地に入り仕事をスタートする所ですが私の場合は当日甲府を始発電車で出発 新社会人1日目でした
◆なかなか覚悟がいる距離だなー!
甲府市善光寺 50代 女性
少し遠い高校で1日目陽キャラをやってみたが2日も持たなかったです
◆陽キャの人のあのエネルギーはどこから来るんでしょうね…
甲府市城東 60代 女性
私が始めて経験した 幼稚園入園初日の『母子分離』時 泣き出したい不安な気持ちを「ママ~見える所で待っててー‼」と大声で叫んだこと、55年も経った今も思い出します。
◆言われたママもたまらない…!
甲府市酒折 70代 男性
数年前のこと、自治会役員の交代時、仕事の少ないある部の副部長を希望しその通り決まり「ホッ」とした。ところが最後に肝心の会計を忘れていたと前役員からお願いしたいと言われ、皆の手前断り切れずOKした。しかしまんまと作戦にはまりしてやられたと苦笑せざるを得なかった。
◆策士だ~~!!(笑)
甲府市住吉 40代 男性
4月は新年度のスタートで、40数年生きているといろいろあるものですが、私の実家で飼っていた雑種のコロちゃんが旅立っていった月でもあるので、元気だった頃の姿や我が家で最後に家族と過ごしたことなどを思い出しては今でも涙が流れてきます。
今は亡き母たちと、あの世で一緒にいてくれたら良いと思います。
◆ただでさえ春は涙腺が緩むというのに。
甲府市朝日 20代 女性
中学3年の始業式。どうしても新しい担任の先生が気になって38度台の熱があるにも関わらず登校。結局式には出ず保健室での初対面となりそのまま帰宅させられました。熱は翌日下がっていて病院でも異常なし。あの熱はなんだったんだろうか…?
◆遠足前に子供が熱出すみたいなもの…?
甲府市湯村 60代 男性
教員だった頃は4月1日から慣れない新任校であわただしい時を送っていて、校庭に咲いた大好きな桜の花をゆっくりながめることも出来なかったが、退職した今では母校の桜を始めあちこちの桜を心ゆくまで観賞できる幸せを感じている。
◆忙しい人が多い時期ですよね。のんびり花見、贅沢です♡
甲府市大手 50代 女性
新しい手帳を購入する時、今年度こそは手帳のスケジュール記入と共に、日記を記そうと思うのに、3日坊主、いや2日坊主?で終ってしまうこと。「あぁ~。」といつも負のスタンプを押してしまう。でもその気持ちもすぐに忘れるっ!!
◆2020年度こそは!
さぁ、2020年度が始まりますよ!気分上げていきましょ~!
いただいたお便りはちゃんと全て目を通します。来月もたくさんのお便りを待っています。