2019年6月号 外食時の思い出・エピソード

みんなので楽しく?一人でのんびり?
今回はあなたの「外食時の思い出・エピソード」を教えてください。


甲府市音羽町 女性
---------------
小学一年生の娘に「次のお給料が入ったら外食に行こう」と話したら「無理しないで。ママのご飯が一番だよ」と言われました。
◆小一にしてこの気遣い…!


甲府市善光寺 40代 女性
---------------
家族そろってのただただ楽しいだけの外食が確かに昔はあった。成人してからは、支払いのことまで考えなくてはいけないし、あ、カロリーも。もう一度家族そろってのただ楽しいだけの外食がしたい。
◆そんな切ないこと言わないでぇ~!


甲府市伊勢 40代 男性
---------------
回転ずしに1人で行って、皿を20枚位重ねていたら、周りの人が10枚位だったのではずかしかった。10枚を2列にすれば良かったかな。変わらないか!!
◆変らないよ!(笑)この際堂々といきましょう☆


甲府市城東 50代 女性
---------------
30年程昔、彼氏と地元のレストランでいちごジュースをたのみ、飲んでいたら1円玉より少し大きいくらいの磁石が入っていました。当時は今程異物に敏感ではなかったのでお店の方に報告もせず磁石を持ち帰り、思い出にと、手作りのお守りの中に入れ彼にプレゼントしました。彼は今の夫です。
◆ちょっと不思議で面白い!


甲府市中央 60代 女性
---------------
家族7人で外食しようという話になり、当時小学校1年生の三男に、何を食べたいかきくと「焼そば」との返事。義父と主人は出張が多かったので、普段は家で食べたく、我が家はほとんど外食しなかったので、息子には選択肢が無かったのですね。
◆素朴で可愛らしいなぁ。


甲府市城東 60代 女性
---------------
久しぶりに息子達家族(2組)が帰省し、多勢なので外食しようと決まり、何を食べようかと話していたら「私おにぎり」…と。
マゴの一声で、家でおにぎりをいっぱい作りみんなで楽しく食べました。
◆おにぎりパーティー!


甲府市丸の内 70代 女性
---------------
外食時のエピソードはありませんが 主人がおいしい店で食事すると、あとでつれていってくれます。うれしいです
◆愛情を感じます…♡


甲府市湯村 60代 男性
---------------
ファミレスでコース料理を注文したら、そのうち一品が品切れということで、数種類の料理の中から自由に選んでくださいとのこと。メニューを見て一番高いのを注文したら予想以上においしくて、とても得した気分になりました。
◆お店側の機転もナイスでしたね☆


甲府市太田町 50代 男性
---------------
東京都内の飲食店でたまたま相席になった年配のおじさんと話が盛り上がり楽しい食事になりました
やはり食事は1人でなく話し相手がいた方がおいしい
◆相席を楽しめる人は外食上級者(?)な感じ!


甲府市富士見 50代 女性
---------------
外食の時食べた物がとても美味しかった時は、ぜひ自分で作りたくなってしまいます。ソースの味付けは、何が入っているのかと想像しながらいただくのは、私にとってゆったりした時間になっています。
◆お料理好きな人ならではの楽しみ方だなぁ♪


甲府市太田町 20代 女性
---------------
塩ラーメンを注文し、たべたら無味…
なんとお店の人が塩の味付けを忘れてしまったらしい!!!あれ?塩ラーメンってこんなにマズかったっけ?と思いました(笑)
◆そんな事ってあるのー!?


甲府市青沼 50代 女性
---------------
10年も前の話ですが、友達とランチ中、ヴァンフォーレの選手が10名以上入店してきて、私は緊張してまったく食べられなかったことがあります。
◆おぉ!サプライズでしたね!


甲府市酒折 70代 男性
---------------
昔の事です。町内で東京のホテルでのバイキングにバス旅行をした時のことです。初めての経験だったこともあり、他の人の分まで欲をかいてテーブルへ運びました。ところが好き嫌いもあり残ってしまい、責任を感じてかなり無理をして食べた事。苦い思い出です。
◆初バイキングあるあるですね(笑)


甲府市南口町 30代 女性
---------------
飲食店でバイトしていたことがあり、忙しい時間帯とかの時、店員さんにオーダーするタイミングをよんでしまうくせがあります 笑(今呼ばない方がいいかなーとか  )
◆大変さが分かっちゃいますもんね~


甲府市朝気 70代 女性
---------------
S36年、東京で就職した私は末子で年老いた父を「はとバス」で東京見物で雷門のそばの天ぷら屋さんで天丼を食べた。父は、『こんなうまいものは生まれて初めて、お母ちゃんにも食べさせたい』と言って、甲府へ帰り1年後に病死しました。ささやかな親孝行でした。
◆そのお店、今もあるのかな?思い出の味ですね。


「食」にまつわる記憶は不思議と残りやすいものですよね。
いただいたお便りはちゃんと全て目を通します。来月もたくさんのお便りを待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です