2018年12月号 においに関するエピソード

五感の中で嗅覚だけが情動や記憶に直結しているそう。
今回はそんな「におい」に関するエピソードを教えてください。


甲府市城東 30代 女性
---------------
去年の夏から室内で犬を飼い始めました。来てすぐは、家の中の犬の臭いがとても気になったのですが、だんだんそれが気にならなくなり…。臭いがなくなったわけではないと思うので、もしかして麻痺してきている?!来客が来たときなど、臭っているのでは…と心配になります。
◆あえて指摘してくる人もなかなかいないでしょうしね…


甲府市宝 70代 女性
---------------
子供の頃、みそ汁に入ったみょうがの匂いが苦手で、部屋のすみっこで鼻をつまんで、がまんしてみそ汁を飲んでいました。それが今では、大好きになって、いつのまにか、家の北側に母が植えたみょうががとれるのを待って、匂い(香り)とともに楽しんでいます。大人になったということでしょうか?
◆そうそう、みょうがはそういう存在ですよ!


甲府市相生 50代 女性
---------------
つい先日のことです。
主人が気を利かして設置した「置き型トイレ洗浄剤」にやられてしまいました。
あろうことか床に原液をこぼしてしまい、拭いても拭いてもその強烈な「におい」が消えず大変な目にあいました。
「化学物質過敏症」の人たちの気持ちを体験した一日でした。
◆超濃縮されてる匂いですもんね…そりゃ強烈だ!


甲府市相生 70代 男性
---------------
昔の映画館、トイレのアンモニア臭、隣の兄ちゃんのポマード臭、都こんぶの酢の匂い、満員の中で見た「笛吹童子」「月光仮面」子供心にワクワクしました。
◆「時代の匂い」みたいなもの、ありましたよね昔は。


甲府市東光寺 40代 女性
---------------
子供たちが、パパはくさいけどママはいいにおい♡
って言ってくれるのが、うれしい!!ちょっとした優越感。
◆パパどんまい!


甲府市音羽町 40代 男性
---------------
ナイキのエアマックス限定品のイエローグラデーションを買ったばかりのとき、ものすごく臭いなと思ったら犬のフンを踏んでいた事 やっと手に入れた宝物だったのにー
◆泣いてもいいよ(´;▽;`)


甲府市塩部 70代 女性
---------------
この「におい」って何だろう?と確かめるために何回も鼻をくんくんさせてしまう。良い香り、芳しい香、(例えば今ならきんもくせいの花の香のような)なら良いのですが、習性で臭いいやなにおいの時もつい(例えばおならの臭いにおい)確かめるように何回も鼻をくんくんさせてかいでしまう。臭いいやなにおいのときは「するな!」とおもうけど、結局かいでしまっている。これって何?
◆前世がワンちゃんだったとか…?(´・ω・`)


甲府市伊勢 80代 男性
---------------
きんもくせいの香りがただよってくると、「いよいよ秋が来たなぁ」と実感が湧く。と言っても、30年以上前のことになる。嗅覚を失ってからは、香りで季節を感じることも叶わなくなったが、あの小さな花が発する甘い香りは、今でも鮮明に脳裏によみがえってくる。
◆香りと一緒に思い出すこともきっと沢山あることでしょう。


甲府市青葉町 50代 女性
---------------
もともと、香水の香りが苦手でしたが、年を追うごとに?ますます、苦手度が増してます。もちろん、加齢臭も苦手ですが・・・フフ。老眼に難聴と老化の一途をたどっておりますが、なぜだか嗅覚が研ぎ澄まされてる気がします。気のせい?
◆ほ~!その感覚興味深いです。


甲府市善光寺町 60代 女性
---------------
コーヒーをたてる(いれる)においは最高!!
朝起きた時、コーヒー1杯で目がさめ、頭も心もスッキリ!!さあ 今日も一日頑張ろう!!と思える時。
散歩している時、どこからかコーヒーのにおい!こんな所にコーヒーのお店があった!街を歩いている時お店からコーヒーのにおい!足が軽くなる!
◆とにかくコーヒー大好き!ってことが伝わってきました(笑)


甲府市山宮町 40代 女性
---------------
元気がないときは、アロマペンダントにスイートオレンジとレモンのアロマオイルを入れて、身につけます。
◆香りを使い分けるとは上級者ですね…!


甲府市湯村 50代 女性
---------------
朝(実家)母をデイサービスへ送り→自分は仕事場へ。行くと中にあるコーヒー屋を通る時、良い香りがして、時間があったらモーニング~したいナァ~と思いながら、通ったのも2年前。懐かしい思い出になりました。
◆思い出を辿って、いつかまた行ってみましょ。


甲府市湯村 60代 男性
---------------
子供だったお盆の頃、甲府から祖父母の家がある長坂まで汽車に乗った際、給水のためにしばらく停車する日野春駅のホームで父が買ってくれた小さなきょう木の箱に入ったアイスを、蒸気機関車の煙のにおいをかぎながら食べた思い出は、半世紀以上経っても忘れられない。
◆めいっぱいのノスタルジー!


甲府市東光寺 40代 女性
---------------
主人が買ってくれたオレンジ色のバラの香り、春咲いて香ると 買ってくれた日の思い出が昨日の事のように思い出されます。
◆うーんロマンティック♡


においって、知らず知らず思い出とセットになってるものですよね。
いただいたお便りはちゃんと全て目を通します。来月もたくさんのお便りを待っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です