こちらは甲斐の国か開拓された時、この村落の守護神として創祀(そうし)されました。
当時はまだ「朝気」という地名はなく、その後日本武尊(やまとたけるのみこと)が山梨県甲府市の酒折宮にお泊りになった翌朝、神社の辺りに煙が立ちあがるのをご覧になって立ち寄られ、村人が喜び迎えて朝餉(あさげ=朝食)を献上したという事からこの地域は『朝気』と名付けられました。
以来、朝気熊野神社と名乗り、社地周辺の古代遺跡が物語る如く、人々が安住し栄えてきました。
神社の入り口には固く閉ざされる門はなく、いつでも誰でもがお参りできるように常に開かれ、鳥居が立っています。
地域に愛されている神社です。


INFORMATION

■ 住所 山梨県甲府市朝気1-11-1
■ 電話 055-232-2305
photoA_000615

MAP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。