2007年2月号 横沢通り

2007.02
 甲府駅の西側を南北に走る横沢通り。線路北の最近整備された幹線道路との交差点に経つ案内塔によると、横沢の名は甲府城があった時代の旧町名のようだ。交差点の北にある慶長院の山門は、甲府城の山手門を移築したものだと伝えられている。時代の趣を今なお残した横沢通りに架かる中央線のガードを、電車が走り抜けていった。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です