2014年4月号 “嘘”にまつわるエピソード

見栄、優しさ、意地悪、はたまた無意味!きっと誰しも経験のある「”嘘”にまつわるエピソード」を教えてください。

甲府市宮前 40代 女性
---------------
7、8年前になりますが、私の実家にわたしを騙る人物から、「車で事故を起こしちゃった!!」と電話があったらしいです。
私が運転しないことを父はわかっていたので、「お前男だろう?」とか、わたしの「名前は漢字でどう書くのか」などあれこれ言ったところ最後には「あんた度胸あるな!!」と言われたらしいです。わたしわたし詐欺未遂事件でした。今だから笑える話!?ですが気持ち悪いですよね。皆さまお気をつけください。
◆詐欺師に褒められちゃった!!


甲府市富士見 30代 女性
---------------
本当は30代後半なのに“おじょうちゃん”と言われ そのまま幼い演技を通した。
◆相手は信じたんでしょうかね!?


甲府市相生 60代 男性
---------------
若い頃「カクテルコーナー」で女性と知り合いになり歳とか職業とか嘘をついた(お互いに?)その後その女性が近くに嫁に来た。顔を合わせてお互いにワァ~!いろいろバレて赤面するしか無かった。女性の嘘もバレてしまった。
◆世間の狭さを甘く見てはいけませんね。


甲府市朝日 60代 男性
---------------
嘘 やくじぞうに初めて行くと厄をしょう。
◆甲府都市伝説の一つですね(-∀-)


甲府市湯村 50代 男性
---------------
「一杯軽くやっていく」と言いつつも気がつくと…嘘をつくつもりはないのだけど、家内にとっては嘘だそうです。
◆この場合は結果が全てなのである!


甲府市城東 40代 女性
---------------
知らないくせに知ってるふり。正直に知らないと言えばいいのに、見栄を張る自分!恥ずかしいぞ!
◆む…胸に刺さるぅ~!


甲府市太田町 50代 女性
---------------
ずい分昔、今では普通の共働き両親のひとりっ子だったので、祖父母に「育てられた」私。ピカピカの小1の授業で「にわとりの鳴き声は?」に、自信満々「さたろーさあーん」!じいちゃん…たのむよ~。母は、呼び出しをくらった…とか。かあちゃん…すまぬ~。
◆おじいちゃんの冗談が通じないほど純粋だったのですね~可愛い。


甲府市善光寺 40代 女性
---------------
嘘をつくのは好きですがつかれるのは嫌なので4/1は耳をふさいで大人しくしています。
◆フェアじゃないなぁ(笑)


甲府市塩部 40代 女性
---------------
高校生のとき、オーストラリアでホームステイし帰国。ステイ先に「洗顔フォーム」を忘れてきました。その後、ホストファミリーの長男(当時は会社員)から「あれ、脱毛剤じゃないよね?」とTEL。「そうだよ」と言ったら電話の向こうで絶句していました。(勿論、すぐに訂正しましたが…)シャンプーだと思ったようです。
◆嘘はダメだけど冗談なら笑いのタネですね♪


甲府市伊勢 20代 女性
---------------
女友達の言う「全然太ってないよ~」は優しい嘘?
◆さて…体重計に聞いてみますか(-∀-)


甲府市丸の内 70代 女性
---------------
20年近く前、まだオレオレサギなんて時代でなく、家にTELあり、なにか電話口で苦しそうにうなってる声が、私は実家の母と思い、となり街の母に何か?と思い飛んで行った。母は元気でした。今考えればエッチないたずらだったんだろうと思う(×へ×)
◆うええぇ~!でもまぁ、何事もなくて良かったです(゚∀゚;)


甲府市宝 40代 女性
---------------
主人に最近の体重を聞かれたので、5kgさばをよんで答えた(笑)
◆婦女子たる者…皆そんなもんです!


甲府市音羽町 30代 女性
---------------
会社への休暇理由、体調不良…本当は二日酔い
◆一応嘘はついてないな…「体調不良」って便利な言葉☆


人は誰しも、大なり小なり嘘をつきながら生きている!
いただいたお便りはちゃんと全て目を通します。来月もたくさんのおたよりを待っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です