甲府中心街で「生きるパッション」を爆発させよう!
『自分の中に毒を持て』

私のとても好きな一冊です。この本は本当に気持ちを鼓舞してくれます!引用したい文が山のようにあるのですが、その幾つか抜粋します。「生きるというのは、瞬間瞬間に情熱をほとばしらせて、現在に充実することだ。過去にこだわったり、未来でごまかすなんて根性では、現在を本当に生きることはできない。」「人間にとっての成功とはいったい何だろう。結局のところ、自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、努力したかどうか、ではないだろうか。夢がたとえ成就しなかったとしても、精一杯挑戦した、それで爽やかだ」「人間として最も強烈に生きる者、無条件に生命をつき出し爆発する、その生き方こそが芸術なのだということを強調したい。”芸術は爆発だ”」▼純粋な気持ちで、情熱をもって、そして行動することが、いかに大切なことかを教えてくれます。わたしも読み返しながら、こうした気持ちで自分自身に、そして地域に向き合っていきたいとあらためて思いました。

『自分の中に毒を持て』
岡本太郎(著) 青春文庫 467円(税別)


2017年11月28日

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です