ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

▼甲州弁登録


▼使い方

▼甲州弁を探す

▼最新の更新

いずみ 2022/09/19


3文字の苗字・名前のイントネーション

全国的には「うなぎ」と同じイントネーションで発音されるが、 山梨では「花火」と同じイントネーションで発音されることが多い苗字・名前が存在する。

【苗字の例】 岩間、武井(甲州市では竹井も多い)など

【名前の例】 かおり、かずみ、さおり、しおり、まこと、まさみ、まなみ

(自分の名前も!っていう人は追加してもらえるとありがてえじゃんね)

県外に出て「花火」イントネーションで喋ってると、周りの人から「酔う」と言われ、 山梨に帰ってきて「どっちのイントネーションで呼ぼうか・・・」と考えながら喋ると 今度は自分が酔いそうになるから気をつけろし。

あと、3文字じゃないけど、上野原の「松留(まつどめ)」っていう地名が、 地元の人は「ドシラソ」っていう全て下がるイントネーションで発音するから、 純度100%の山梨県民の自分ですら「うわぁ、これまたすげえとこに来ちまった」と、 異世界に迷い込んだ感覚に陥ったよ。

3文字の苗字・名前のイントネーション.txt · 最終更新: 2022/02/25 by 119.242.203.175


ページ用ツール