ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

▼甲州弁登録


▼使い方

▼甲州弁を探す

▼最新の更新


おっかさむ

意:挟み込む。
単に『挟む』んじゃなくて、
挿入しながら挟み込む感じ。

うんまくせつめえできんで、わりいじゃんね。

例:
ひんじゃあいっから、はく起きろっ。
めしゃああんでもうちくえよっ。
ぜねげすいたあいさへおっかさんだからっ。
きけえて無くたっても、うらあへえしらねえぞっ。」

訳:
「それではお母さんは、秋山温泉に出発いたしますから、早々に起床しなさい。
食事は、自炊するなり、外食するなり、自由にしてね。
食事代は、こたつと天板の間に、挟み込んでありますから。
わかりましたわね。」

例2:
まだあぶらあつんむるかあ、いわったあなあ。
いまこしぼろうおっかさんだらよ。

訳2:
まだグリスが漏れるのか、めげるなあ。
もう少しウエスを押し込んでみたらどうだろうか。

(東部)

おっかさむ.txt · 最終更新: 2019/05/23 by machikore · この文書は次のユーザーによってロックされています: 54.36.149.4

ページ用ツール