2016年1月号 母の白滝

2016.01
 河口浅間神社のわき道から通じる三ツ峠の登山口、ひっそりと隠れるように母の白滝はある。滝の側に鎮座する母の白滝神社に祀られているのは栲幡千千姫命(タクハタチヂヒメ)。浅間神社の祭神、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメ)の姑神である。平安時代の頃より富士山登山者はこの滝で身祓を行い、浅間神社で太々神楽(稚児の舞)を奉納して富士登山の安全を祈願したという。
 豊かな自然を象徴する清冽な飛沫と水の流れは、厳冬期には真っ白な氷瀑となって幻想的な表情を見せる。見頃は1月末〜2月頃。冷たくも澄みわたる静寂の包容力が心地良い。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です