2014年1月号 どんど焼き


 どんど焼きは、七草粥や鏡開きなど数ある正月行事のひとつである。全国的に行われている火祭りの風習であるが、その慣わしやご利益は地域によって多種多様で、とりわけ道祖神信仰の盛んな山梨では、小正月に行われる道祖神祭りとの結びつきが色濃い。
 青竹などで組まれたやぐらと共に正月飾りやだるまなどの縁起物を焚き上げる。この火で焼いて食べる繭玉団子には、無病息災と共に養蚕の繁盛を願う心も込められているといい、かつての生業の歴史が覗く。
 正月というハレに終わりを告げ、心豊かな一年への糧とする、しみじみとした祈りの火である。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です