2013年10月号 甲府大好きまつり

2013.10
 甲府大好きまつりは平成元年、市政100周年を記念して始まった。参加型の祭りとして多くの市民や団体が独自のパフォーマンスで盛り上げ、中心街を練り歩くパレードは総勢約2,000人。笑顔と笑い声で華やぐ活気溢れる祭りだ。
 お囃子の音を聞いて育つことが地域への愛着を生むとも言われるように、祭りは自分たちが住んでいる街を知り、意識する絶好の機会。全国あらゆる地方に存在するこうした祭りが、豊かな地域社会形成の核となっているのかもしれない。
 祭り独特の高揚感と一体感を味わいながら、この街に住む一人として私も言いたい。「甲府大好き」と胸を張って。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です