2013年2月号 竹林の福寿草

2013.02
 旧暦の正月(2月)に咲く黄金色の花、福寿草。一時は環境省レッドリストで絶滅危惧II類(VU)に指定され、2007年の見直しによって解除されたという経緯がある。光に敏感な福寿草の生育には、除伐や草刈りなどの積極的な里山保全が不可欠。人と自然との間で、健気に力強く春の訪れを告げる花である。
 山梨県で福寿草といえば、山梨市牧丘町が有名だ。竹林に群生する福寿草は全国的にも珍しく、私有地を見物客へと開放されているのだという。なんとも縁起の良い取り合わせ。余寒厳しくも、希望の春を感じる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です