2011年8月号 北杜市オオムラサキセンター

2011.08
 国蝶オオムラサキ。北海道から九州まで日本各地に分布するが、近年、エサ場となるクヌギなどの木々や生活の場所でもある雑木林の減少により、都市近郊では絶滅の危機にあるという。
 そんなオオムラサキの全国一の生息地、北杜市にある「オオムラサキセンター」では、団体や個人と連携しながら保全活動に取り組んでおり、館内では様々な展示を見る事ができる。
 自然環境をはかる基準ともいえるオオムラサキ。その鮮やかな羽の色だけでなく、彼らの棲む里山の美しさにも気付かせてくれるだろう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です