2011年7月号 四尾連湖

2011.07
 旧市川大門町にある四尾連湖は、流入する川も流出する川もない山の上の少し特殊な湖。地元に伝わる湖の伝説である尾崎龍王という名の4つの尾を連ねた竜の神がその由来とされている。山道を登ると現れるこぢんまりとした湖畔の景色や透き通った湖面は確かに神秘的。首都圏からその自然を求め、キャンプやカヌーを楽しむ人の姿も多いようだ。
 甲府からも車で小一時間。電力不足で節電が騒がれる今年の夏。室内でエアコンを使わずにじっと我慢するよりも、自然の中に涼を求めてでかけてみてはいかがだろうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です