2007年12月号 光のピュシス

2007.12
 「ピュシス」とは、古代ギリシアで「生成する」という意味「ピュエスタイ」から生まれた自然を表す言葉。舞鶴城公園をイルミネーションで彩る「光のピュシス」(同実行委員会主催)が11月9日から始まった。4回目である今年のテーマは「夢・風林火山」。有名な川中島一騎打ちや由布姫・勘助の顔もある。イルミネーションは来年1月6日まで、しかも今冬限りでこの企画は終了、来季以降事業を引き継ぐ団体を探している。「活性化」…は難しいテーマである。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です