2007年10月号 ぶどう狩り

2007.10
 世界各地のぶどう畑は、垣根や棒仕立てが多いが、日本では多雨多湿な気候に適する棚仕立て。こうすると気が大きく育つらしい。奈良平安時代を起源とし、しかも山梨の勝沼から始まったという誇り高きぶどう栽培。昨今の地球温暖化で、地球の気候緯度は上昇し、現在の山梨の気候は、数十年前の中国四国地方だとも聞く。深い歴史の中でまさに地べたに根付いた山梨のぶどう。甲府駅以東の中央線沿線で見られる、延々と続くぶどう畑の風景は、山梨県人の故郷の情景として、いつまでも残ってほしいと願う。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です