料理家の奥秋さんに、季節のおすすめレシピと、それにピッタリのドリンクを紹介していただくコーナーです。

Office Okuaki 奥秋 曜子

料理家・洋菓子研究家として教室やメディアでレシピ紹介などをしながら、甲府市青沼でタケイコーヒー四代目として活躍中!

野菜のピクルス


調理・冷凍・解凍の手間がない、切って漬けるだけの超お手軽保存食。
ステーキやカレーの付け合わせ、お弁当のおかずにもおすすめです。

材料(作りやすい量)



◆ピクルス液
酢(穀物酢・米酢など)※    1カップ
水               1カップ
砂糖            大さじ3~4
塩               小さじ2
ローリエ(月桂樹の葉)     1~2枚
黒コショウ(粒)         10粒
鷹の爪(種を取って)※      1本

※酢はりんご酢を使うとツンとした感じが柔らかくなります(その場合は砂糖を少し減らす)。ワインビネガーの場合は酢酸濃度が高いので、少し量を減らします。
※鷹の爪は無くてもOK。ローズマリーやタイムなどのハーブを入れても良いです。

◆野菜(目安量)
きゅうり 1本
パプリカ 1/4個
大根 10cmくらい
ミニトマト 5~6個
にんじん 5cmくらい
にんにく 1/2かけ

※水が出る白菜などは不向きですが、長ネギ、ごぼう、れんこん、小カブなど漬け込む野菜は基本的になんでもOK!ゆでたまごのピクルスもぜひ試してみてください。


作り方

1.野菜を食べやすい大きさに切り、根菜などの硬さが気になる野菜はさっと茹でておく。

POINT!茹で時間はお好みで。もちろん生のままで歯ごたえを残してもOK。



2.ピクルス液の材料を食品ストックバッグに入れる。



3.野菜をピクルス液に漬け込み、冷蔵庫で30分~一晩寝かせて完成。

POINT!冷蔵庫で1週間くらい保存できます。








★今回合わせたのは「リフレッシュグリーン」ミントのハーブティ。
ホットでもアイスでもおいしく、さっぱりとした味わいです。

※このレシピの著作権は奥秋曜子氏にあります。無断で使用・複製・転写することは法律により禁止されています。