鶏肉のさっぱりレモン鍋


奥秋曜子のめしあがれしぴ
骨付きの鶏肉で だしいらず!手軽でおいしい鍋です。
柚子やかぼすを使ってもおいしくできますよ。

材料(4人分)



鶏肉(骨付き)    300g
長ネギ        2本
小松菜        1/2束
ばるさめ・カニ風かまぼこ 適量
えのき茸       1/2束
しょうが(薄切り)  1かけ分
にんにく(つぶして) 1かけ
醤油・酒       各大さじ1
塩・こしょう     適量
レモン(国産)    1/2個

作り方

1. 鶏肉は塩・こしょうをし、グリルで両面焼くか、油を敷かないフライパンで焼いて油を落とす。この時一緒に長ネギも焼いておく。



POINT!鶏肉の余分な脂を落とします。またネギを焼くことで香ばしさが出ます。

2. 鍋に3カップ程度の水を入れ、しょうが・にんにくと一緒に1の鶏肉を入れて沸かす。
沸騰してアクを取ったら醤油とさけを加え、10分程度煮込む。



POINT!骨付きの肉からダシが出ます。手羽中、手羽先などが特におすすめ。
甲州地鶏ならコラーゲンでプリプリに!にんにく・しょうがで臭みをとります。

3. 長ネギ、小松菜、水でもどしたはるさめ、カニ風かまぼこ、えのき茸、輪切りにしたレモンを加え、さっと煮る。

4. 器に盛り付けて完成!
お好みで粗挽き黒こしょうを振りかけても良い。


★今回合わせたのはハーブティ「スウィートレモン」。レモン風味のハーブをブレンド。さっぱりした味で肉料理の後にも合います。
※このレシピの著作権は奥秋曜子氏にあります。無断で使用・複製・転写することは法律により禁止されています。