15分で完成!スピード弁当


奥秋曜子のめしあがれしぴ
慣れない新生活でストレスが溜まりやすい季節には、セロトニンの材料となるトリプトファンや記憶力をUPさせるDHAなどを多く含むマグロがおすすめ。
山梨県民が大好きなマグロのお刺身を翌日のおかずにアレンジ!
時間のない朝でもあわてずに作れます。

材料(1人分)

材料

■【メイン】まぐろの柚庵焼き
まぐろの刺身      2~3切れ(ぶり、ほたて、鶏肉でもOK)
しょうゆ・みりん・酒  各大さじ1
柚子          適量(レモンやかぼす、しょうがなどでもOK)

■【サブ】野菜のマヨグラタン
しめじ          2~3本
スナップエンドウ(茹で) 1本
パプリカ         適量
マヨネーズ        大さじ1
(ミックスベジタブルや冷凍野菜でもOK)

■【定番】ねぎ入り卵焼き
卵            1個
塩            ひとつまみ
砂糖・みりん       各小さじ1
薄口しょうゆ       小さじ1/3
あさつきの小口切り    大さじ2~3

■その他
ご飯、ミニトマト、茹でたブロッコリーなど

【メイン】まぐろの柚庵焼き

1. 調味料に刺身を一晩漬け置く。

2. 水分をキッチンペーパーなどでふき取り、フライパンにフッ素加工されたアルミホイルを敷き、その上で両面を焼く。





【サブ】野菜のマヨグラタン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1. 食べやすい大きさに切った野菜を弁当用アルミカップに入れ、マヨネーズをかける。



2. オーブントースターまたは魚焼きグリルで焼き色がつくまで焼く。

POINT!マヨネーズなら味付け要らず!冷めても固くなりません。

【定番】ねぎ入り卵焼き



1. 卵はよく溶きほぐし、調味料とあさつきを加えて混ぜる。

POINT!ねぎは多すぎるかな…というくらい入れるほうがおいしい



2. 油(分量外)を敷いた小さめのフライパンに①を流し広げ、巻いていく。



3. 同様に2回くり返し、焼き色がついたらキッチンペーパーで包み冷ましてから切る。





完成!

★今回合わせたのは「ゆず茶」。
ゆずママレードを熱湯でといただけの簡単ドリンク。ホットでもアイスでもOK!

※このレシピの著作権は奥秋曜子氏にあります。無断で使用・複製・転写することは法律により禁止されています。