失敗知らずのローストビーフ


奥秋曜子のめしあがれしぴ

材料(3~4人分)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

◯牛ヒレ肉(塊)   約300g
◯塩・こしょう    各大さじ1
◯サラダ油       大さじ2
◯ジッパー付きのポリ袋   1枚
◯熱に強いラップ      適量
◯付け合わせの野菜など   適宜


下ごしらえ

牛肉は調理する30分前に、必ず常温に戻す。
(「常温に戻す」とは、冷蔵庫から取り出し、25℃くらいの室温に置いておくこと)

POINT!400gの肉なら40分前に、500gなら50分前に…。
POINT!しっかり常温に戻さないと、中が生になってしまうので注意!!

つくり方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1. 常温に戻した肉に分量の塩・こしょうをすりこむようにつける。
表面がきれいに加熱されるよう、肉の形が箱型になるように整える。

POINT!塩とこしょうは、「ちょっと多いかな」と思うくらいの方がおいしいです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2.熱したフライパンに大さじ2のサラダ油を入れ、肉の全ての面に焼き色をつける。(熱しすぎると肉が固くなるので注意)

POINT!肉を置いたらじっと待つこと!フライパンを動かすだけで肉が動けば、焼き目が付いた合図です。
POINT!たくさん作る時(1キロぐらい)は、2つに分けてソテーすると時間短縮になります。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3.全ての面を焼いたら、すぐにラップできっちりと包む。
それをジッパー付きのポリ袋に入れ、中の空気を抜いて水が入らないようにしっかり閉める。

POINT!必ず熱に強いラップを使用してください。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4.予めたっぷりと沸かしておいた熱湯の中に、(3)を袋ごと入れる。
浮いてこないよう上に皿などを置き、鍋の蓋をして火を止める。

POINT!熱湯で加熱する(100℃以上にならない)ので肉が柔らかく仕上がります。
POINT!できるだけ一定の温度を保つように!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5.30分たったら取り出した袋ごと水につけ、温度を止める。
ここでも浮いてこないように皿などを上に置き、10分ほど粗熱を取る。

POINT!肉300gで30分、400gなら40分、500gなら50分です。
POINT!余熱があると肉が硬くなってしまいます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6.完全に冷めてから肉を切り分ける。

POINT!完全に冷める前に切ると肉汁が逃げてしまいます。冷蔵庫でしっかり冷ましましょう。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成!

付け合せはお好みで! クレソンは肉の消化を助けます。
今回は薬味にチューブのホースラディッシュを使用しました。和牛にはわさび醤油やゆずこしょうなど、和の調味料がよく合います。
塊のまま冷蔵庫に入れておけば、2~3日は持ちます。おもてなしの際は、事前に作っておけるので便利です。

今回合わせたのはハーブティー「ママ&ベビー」。カモマイルがベースの胃腸に優しいブレンドで、洋風料理の後の消化促進にも効果があります。

このレシピの著作権は奥秋曜子氏にあります。無断で使用・複製・転写することは法律により禁止されています。