ましょくにあわん

単語の意味:「間尺に合わない」が訛って ましょく という発音になったと思われる。元々の「計算が合わない」、「割に合わない」という意味とか、「タイミングが悪くて目的が達成できない」、「どうも求めてることと違う結果が出そう」とかいうニュアンスもあるようです。

例文:いろいろやってきたけんどあの仕事はどうもましょくにあわんな

訳:いろいろやってきたけれどあの仕事はどうも割に合わなそうだな