のぶい

意味:憎たらしくふてぶてしいさま。図太い。鈍感。無神経。知ってて知らばっくれているような図太さ。(しわいよりこちらのほうが程度が上か。)   

例:あのなんだかっちゅう政治家は汚職だー違法献金だーなんちゅって騒がれてるけんいっさら辞めもしんし、まー のぶいな。

訳:あのなんとかっていう政治家は汚職だの違法献金だのって騒がれているけどもまったく辞めもしないし、まー 図太いよね、憎たらしくふてぶてしいし鈍感というか無神経というかね。


…他にも…

・『反応が鈍い』
・『動作、行動が遅い』

などの意味でも使われます(東部)

・「あにょう?ゆんべあんなに揺すれた?ぁを、知らねえで??そりゃ、ええかんのぶいぞ」

「何だって?昨夜(地震で)あれほど揺れたのに、気付かなかったって?、それは、かなり鈍いぞ」

・「はく やぁべ?のぶいなぁ」

「早く 行こうよ、のろまだなぁ」