にごみ

意味:【味噌煮込みうどん。】
ばんげえは、にごみにしべえ」
【夕飯は味噌煮込みうどんにしましょう】
「昔っから、こけえら、にごみだったなあ」
【以前からこの辺り(東部の東部)の麺といえば、味噌煮込みうどんでしたね】
「ほうだあけんどもよ、あぶらげと、きのこと人参のおしたじも、うんめえな」
【醤油めんつゆもおいしいですね】
「おう、甘じょっぱく、おとむれえでよばれるやつな」
【そうですね、揚げと椎茸、人参を砂糖醤油で炒めてトッピングした、忌中払いでいただくかけうどんですね】
ばあか、おいえぇでもいいだわ」
【いいえ、祝い事でもご馳走になりますよ】
「うめぇっちゃ、吉田のうどんはうんめえな」
【美味しいと言えば、富士吉田のうどんは美味しいですね】
「ほうよ、また食いぃ行くべえ。つるんつるうで固くってうんめえなあ」
【そうです。また食しに行きましょうよ。ツルツルと腰のある麺が美味しいです。】
「ほうとうもうめぇ」
【ほうとうも美味しいです】
ふんだ?にかぼちゃがへえっててよ、うんめえな」
【沢山のカボチャ入りで、美味しいです。】
「国中のしはちょうきゅうおほうとう』ちゅうだと」
【国中地域の方は、正式に『おほうとう』と言うんですって。】
「だあとなあ。」
【そうですってね】
「うらあ初めてつとめえいって山梨だっちゅったら、
やれほうとうもってこうだの、葡萄かってこうだの、東京のしがしゃらうるせえ」
【私が新入社し、山梨出身だと言ったところ、ほうとうや葡萄を買ってらっしゃいと言われて、面倒くさかったです】

『こけえらじゃどっちもねえべ?いわったさよう」
【私たちの地域ではどちらもありませんよね?こまりはてましたよ」
『どうしたあだ?』
【どうされました?】
『信玄餅ょう買ってった。キヨスクで』
【高尾駅キヨスクで桔梗信玄餅を買いました】