ぐみいろ

単語の意味:藤色を少し黒くしたような紫。青アザの色や寒いときの唇の色をさす。語源は、桑の実「ぐみ」か? (違うよ。「ぐみ」は「ぐみ」。「桑の実」は「どどめ」)

例文:A 痛ぇなぁ、おい。さっきひざぶっつけちゃっとう。 B どう。おんに見しょう。てっ!。こりゃぁしにるど。 A へぇ〜だめど〜。見ろこりょう。へぇこんねん ぐみ色だ。

訳:A 痛いなぁ、もう。さっきひざぶつけちゃって。 B どれ。おれに見せてみな。わっ!。これはアザになるよ。 A だめだぁ。見てよこれを。もうこんなに青いよ。