おやぎねえ(おやげねえ)

意:気の毒。不憫。かわいそう。(だけんども、「かわいそう」は『かええそう?』ちゅう。)

例:「あっこじゃあ、嫁がよたくれえ?だあから、おばあは おやぎねえもんよう」《あの家では、お嫁さんが乱暴者なので、お姑さんは、ひどく可哀想なものだってさ》

「ふんだっても、おんなしいとっかめえて、よたくれえ?は なかんべえ?」《例えそうだとしても、さすがにお嫁さんに対して、乱暴者よばわりは無いだろう?》

「あにがよう、おばあ便所へおっこんで、飯ょうくれねえだとよう」《とんでもない、お姑さんをトイレに監禁して、食事をとらせないそうだよ》

「うそべえ?」《冗談だろう?》

「よせえいってゆうな」《他言無用だよ》

郡内(下郷)