ええそう

標準語では「愛想」と書いて「あいそう」と読むが、山梨では「愛想」と書いて「ええそう」と発音する。使い方は「あそこの、おかっさんは、ずでぇ、ええそうがいいじゃん」。意味は「あそこの嫁さんは、とても愛想がいいですね」となる。