2018年6月号 心に残っている本

感動したり影響を受けたり、時折ふと思い出したり、誰しもきっとあると思います。
今回はあなたの「心に残っている本」について教えてください。


甲斐市西八幡 10代 男性
---------------
吉野源三郎さんの「君たちはどう生きるか」です。様々な人間関係の話から、自分自身の人生について深く考えるようになりました。私の芯となるものをつくってくれた気がします。
◆その普遍的なメッセージは、最近改めて注目されていますね。


甲府市音羽町 40代 女性
---------------
「娘に贈るわたしのレシピ」有本葉子
1人暮らしをはじめてから簡単な料理しかできなかったのに、この本に出会って色々なレパートリーが増え、料理を作る楽しみが広がった1冊。
◆実用書の真価をみた!


甲府市千塚 30代 女性
---------------
「ながいながいペンギンの話」
自分がずーっと読みたいと思っていた本に息子が感動してくれたのでうれしかったです!
◆感性が似たのかな♡


甲府市中央 40代 女性
---------------
絵本「もぐらとずぼん」は、人にはそれぞれ得意分野があって、自分にできないことは他の人に頼んでいいということを教えてくれた一冊。ミレルの絵も色彩がはっきりしていて眺めているだけで気分が明るくなりますよ。
◆絵本は大切なことが すっと心に入ってくるのが不思議。


甲府市住吉 40代 男性
---------------
小学校の時、図書館で見つけた「ひめゆりの塔」という本です。沖縄戦の悲劇を伝える内容は子供心にとても衝撃的で2度とあってはならない出来事だと強くおもったものでした。
この本を読んだ感想を青少年読書感想文に提出して賞を頂いたことでも今でもとても印象に残っています。
◆熱を込もった感想文になったのが伝わってきます。


甲府市中央 40代 男性
---------------
20年くらい前、サントリーの懸賞で「あしたのジョー」の全巻が当たりました。読んでみたらドハマリ。有名なラストカットは今でも頭に焼きついています。
◆懸賞とは!本との出会いにも色々ありますね。


甲府市愛宕町 60代 女性
---------------
太宰治「女生徒」
女生徒の心の動きがとてもよく分かり、今でもドキドキした時などふと思い出す。
◆読書は疑似体験でもありますよね。


甲府市千塚 40代 男性
---------------
最近子供がお下品な言葉を使うようになって友だちの影響か?と思ったら、物置から私が子供の頃読んていた「Dr.スランプ」を引っ張り出して読んでいた。私の影響でした、疑ってごめんねお友だち。
◆これが楽しい経験と思い出になるのだ~!


甲府市武田 30代 男性
---------------
小学生の頃、あまり本を読まない私にこれを読めと、父が司馬遼太郎の竜馬が行く 全8巻を持ってきました。がんばって読んでみようとチャレンジしましたが、結局2巻で断念。今でも本棚にキレイに残っています。
◆今からでも遅くはないですぞ(-▽-)


甲府市相生 50代 女性
---------------
小4の時に担任の先生に読んでいただいた「ああ無情」(レ・ミゼラブル)
数年前、同名のミュージカル映画を娘と観に行く機会がありました。子どもの頃はあまり理解できていなかった物語の時代背景(革命後の混沌としたフランス)を改めて感じ取ることができました。
◆その年齢の時にしか分からない、感じられないものってありますね。


甲府市朝日 60代 男性
---------------
「考えるヒント」(小林秀雄)
私のとって、この本は青年期において、なくてはならない本です。人生色々な課題にあたりますが、そんな時にこの本を思い出し、読み返すこともあります。私にとって大切な大切な本です。人生の生き方を示してくれるからです。
◆そんな本に出会えたのは幸運でした…!


甲府市善光寺 30代 男性
---------------
先日他界された加古里子先生の絵本は、子供の頃たくさん読みました。今も自分の子供たちと一緒に読んでいます。良いものは時代を超えますね。
◆これから未来へも!


甲府市東光寺 代 男性
---------------
「キャプテン翼」
サッカー少年だった自分にとってのバイブル。
今は子供にも読ませて一緒に楽しんでいます。
◆この影響でプロになった選手が海外にだっていますもんね!


甲府市善光寺 40代 女性
---------------
「しろくまちゃんのほっとけーき」
をうまれた子供のために買ったら けっこう大人にも良かったです
◆この本でホットケーキの作り方覚えました(゚∀゚)


甲府市小瀬町 30代 女性
---------------
ほるぷの絵本セットに入っていた「神の道化師」です。ストーリーを知らないまま寝る前に読んでくれていた母が涙でページをめくれなくなったのを憶えています。姉と私と三人でわんわん泣きました。
◆あれは知ってても泣きますわ(;∀;)


どんな本にいつ出会うかで、人生の何かが変わってくるのかもしれません。
いただいたお便りはちゃんと全て目を通します。来月もたくさんのおたよりを待っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です