2011年5月号『エネルギー政策について考える』

thema1105.jpg
マンガ1マンガ2


シカ先生

放射性物質による健康被害は長い年月をかけて症状がでてくるよ。「ただちに影響はない」という言葉は「長期的には影響があるかもしれない」と捉えられるね。ただ、山梨の飛散量はとても少ないからね。現状ではそんなに心配しなくていいかもね。

ねこさん野菜や水が放射性物質で汚染されてしまうのが困るよね。

シカ先生
そうだね。口に入れるものには気をつけておこうね。数値が異常な場合は規制されるけど、その網をくぐり抜けて流通してしまう野菜があったりしたからね。収集したたくさんの情報を元に、正しい判断をして自分の身を守ることが大切だよ。

うさぎさん

あたい、そんな怖い思いしてまで電気はいらないです。DSももうやめます。

シカ先生

原子力発電はリスクがあるけど、安く電気を作ることができるといわれ、国はエネルギー政策として推し進めてきたんだ。でもこうして事故が起きたときの補償、施設や核燃料の今後の処理や永続的な管理の費用も含めて考えたら、安くすむとは言えないかもね。

ねこさん自然エネルギーを利用した発電もあるんだよね。

シカ先生
そう。水力はもちろん、風力や太陽光、地熱などを使って実用化されている発電方法はたくさんあるよ。昔はコストが高かったり発電効率が良くなかったから、なかなか増えなかったけど今は技術も進んだし、コストもグッと下がってきてるし、なんといっても地球にやさしいからね。すぐには難しいかもしれないけどクリーンエネルギーに切り替わっていくといいね。

ふくろう先生

ふくろう先生の解説です。

原発事故により日本は、思いがけずエネルギー政策の大転換期を迎えました。これまでも小規模ながら、自然エネルギー発電はしてきたし、海外からも日本企業が発電施設建設を依頼されるなど、技術は既に持っています。国にはこれまでの原発と同等に推進していってほしいものです。

—————————————–
新シリーズスタート
突撃となりのマチッコチャンネル(仮)

4月から新学習指導要領が始まり、授業の現場に新聞を活用することになります。
そこで、すでに「ホームルームで使ってるよ!」とか、「こんな活用をしているよ!」いう学校を実際に編集部スタッフが伺って取材をしていきたいと思っています。
我こそは!という学校関係者の方、ぜひご連絡ください。お待ちしております!
TEL 0120-35-5458】


カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です