2010年11月号『ノーベル賞ってなに?』

kokuban1011 manga1011_1A manga1011_3A
シカ先生

ダイナマイトって聞いたことある!?すごい威力を持つ爆薬だね。それを発明(1866年)した人の名がスウェーデンのアルフレッド・ノーベルさんというよ。彼のおかげで、これまで穴を掘るのに苦労していたトンネル工事や道路工事がだいぶ楽になったんだ。ドカンとやれば一気に工事が進むからね。

ねこさんへー!でもそれが賞とどう関係があるで?

シカ先生色々な工事の役に立つということで、ダイナマイトがたくさん売れてノーベル氏は多くの利益を得たんだ。でも威力の強い爆薬ということは、使い方によっては人を傷つける道具にもなるよね。だから戦争で兵器としても利用されるようになってしまって、彼はそれをとても嘆き悲しんだんだよ。

うさぎさん

あたいも人を傷つけるより、人の役に立つうさぎになりたい…。

シカ先生

そうだね。キミならなれるよ!ノーベル氏は亡くなる前に「自分の財産を使って賞を作り、人類の役にたつことをした人に贈るように」と遺言を残していて、それが後の【ノーベル賞】のきっかけとなったんだよ。彼の死後ノーベル財団が設立され、100年以上もその遺志を継いでいるんだ。

ねこさんとても重みのあるすごい賞なんだね。

シカ先生そう!この賞の受賞は、とても名誉なことだよ。今年は日本人では鈴木章さんと根岸英一さんの二人がノーベル化学賞を受賞したね。液晶テレビや太陽光パネル、抗がん剤などを作る際は、二人が研究した【クロスカップリング】という技術が使われているんだ。日本では「理系離れ」が進んでいるけど、こういった一流の技術者を、国が増やし、育て、支える仕組み作りが必要だね。

ふくろう先生

ふくろう先生の解説です。

お隣、中国では民主化運動家の劉暁波氏がノーベル平和賞に決まりましたが、これを契機に中国が抱える多くの問題が露呈、中国の情勢や国家観を全世界に知らしめることとなりました。オバマ大統領の昨年の受賞もそうですが、殊に近年の平和賞に関しては問題提起の意味合いも感じられます。
授与する側の「こうあってほしい」という願いや希望が込められているのかもしれませんね。

まとめ今回は【ノーベル賞】というキーワードから「受賞の重み」について学べたね!このテーマはこれからも新聞の中で取り上げられるはずだよ!新聞を読んで、これからどんな展開があるのか考えてみよう!学んだことを次にいかそう!

うさぎさん
マチッコチャンネルでは取り上げて欲しいテーマや、みんなが調べて欲しいことを募集しています。
待ってるよ~


カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です