2010年2月号『普天間基地移設問題って?』

kokuban1002 manga1002_1A manga1002_3A
シカ先生

普天間基地は沖縄県宜野湾市にある米国の軍用(アメリカ)の飛行場だよ。普天間基地の周辺には住宅はもちろん幼稚園や学校、公共施設などがあって住民は騒音に悩まされているんだ。地図を見ると街の本当にド真ん中に滑走路があるよ。もし何か起きたら大変な事態になる危険性も高いよね。
ねこさん地域住民はかなりつらい思いをしているんだろうね。
シカ先生
そうだね。沖縄から米軍基地を移転縮小・撤去する動きは元々あったんだけど、2004年に米軍のヘリコプターが沖縄国際大学に墜落するという事故が起きてから、その声が一気に高まったんだ。その約一年後に米国と日本の間で、住民への影響が少ないであろう県北部の辺野古へ移転しよう、ということに決まったんだよ。
うさぎさん
あたいもヘリコプターに乗って引越したい♪
シカ先生

もう。中国でも行っチャイナ!!でもね結局、辺野古だって人はいるし沿岸を埋め立てて建設することになると自然破壊にも繋がるんじゃないかということも言われていてね。そこで鳩山政権は米国と決めたことをひっくり返して、別の移転先も考えるということにしてるんだ。その結果米国に不信感を持たれてしまっているよ。
ねこさんでも、そもそもなんで米軍基地を日本におくの!?
シカ先生それは【日米安全保障条約】があるからなんだ。簡単にいうと日本にもしものことが起きたら米国が守る、といった約束だよ。終戦後、米国が沖縄を支配下において基地を増やしてきた流れもあったからね。基地があるから仕事があって生活できてるという住民もいるわけだし、日本から米軍基地を無くすことは簡単ではないんだね。
ふくろう先生
ふくろう先生の解説です。
国外移転案の中で有力とされているのが「グァム」。しかし、もし米軍が日本からいなくなれば、北朝鮮や年々軍備を拡大している中国など、身近にある脅威とバランスを保つために、その分日本独自で防衛力を飛躍的に上げなければならないでしょう。日本国外への基地移転は防衛論も踏まえて考えなければならず、政府の慎重な判断が求められます。
まとめ今回は【普天間基地移転問題】というキーワードから「日米関係」が学べたね!このテーマはこれからも新聞の中で取り上げられるはずだよ!新聞を読んで、これからどんな展開があるのか考えてみよう!学んだことを次にいかそう!

うさぎさん
マチッコチャンネルでは取り上げて欲しいテーマや、みんなが調べて欲しいことを募集しています。
待ってるよ~


カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です