教室や施設湯村の杜 竹中英太郎記念館


戦前、江戸川乱歩や横溝正史、夢野久作などの小説に挿絵を描き、妖しくも美しい独特な画風で一世を風靡しながら、挿絵画家としての絶頂期に筆を折り、幻の画家となった竹中英太郎。太平洋戦争さなかに甲府へ移り住み、晩年は、元祖ルポライターと言われた長男・竹中労の著書やレコードジャケット等を手掛けました。
富士山や湯村の街並みを一望できる記念館には、そんな父子の作品が収蔵されています。

INFORMATION

■ 住所 山梨県甲府市湯村3-9-1
■ 電話 055-252-5560
■ 開館時間 10:00~16:00
■ 休館日 火・水曜 ※臨時休館有
■ 入館料 高校生以上300円
小・中学生200円
■ HP http://takenaka-kinenkan.jp/






MAP

Posted under: 教室や施設

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。