KOFU JAZZ STREET

Information

This article was written on 21 10月 2013, and is filled under 当日の様子2013秋.

Alfie≪当日の様子2013.10.21≫


2013-10-alfie01

The Garzonians(ザ・ガーゾニアンズ)
古谷淳(P) 西口明宏(Ts) デイビッド・ネグレテ(As) 中林薫平(B) 柴田亮(Ds)

2013-10-alfie02
2013-10-alfie03
古谷淳((ピアノ)
高校より渡米。バークリー音楽院在学中よりボストン、ニューヨークを中心に活動を始める。名門老舗クラブ、ウォーリーズへの出演をはじめ、数々のコンサート、レコーディングに参加。アメリカのみならず日本、カナダをはじめ各国で演奏。国内外のミュージシャンと共演する傍ら、出身地山梨県での演奏活動等を行っている。最近では2011年2ndリーダー・アルバム”Home Songs”をリリースしている。

西口明宏(テナーサックス)
中学入学と同時にビックバンドジャズに出会いテナーサックスを手にする。2003年にバークリー音楽大学に入るため単身渡米する。2010年に活動の拠点をNYから東京に移し、「Tre Agrable」「PINGO」をリリース。現在自己バンド「PINGO」をはじめ様々なグループに参加するとともに後進の育成など精力的な活動を行っている。

Daivid Negrete (デイビッド・ネグレテ)/アルトサックス
カルフォルニア州出身。7歳からピアノを始め11歳の時にフルートも吹き始める。12歳の時に彼の主用楽器となるサックスの音を初めて聴き、演奏を始める。2004年の20歳の時にバークリー音楽院入学。2007年12月に音楽学士を取得。2011年3月の震災後に日本に移り住み、”The Tribe of D”を始動する。その音楽はジャズに留まらず、様々なジャンルから影響を受けた音楽を演奏し、多くの音楽ファンを魅了している

中林 薫平(なかばやし くんぺい)
1981年生まれ。高校入学と同時にウッドベースを始める。2003年守口・門真ジャズコンテストでは、グランプリ、ベストプレイヤー賞を受賞。卒業後、日野皓正、吉田次郎、嶋本高之らと共演。2005年に上京し、様々なグループでプレイする。2012年にはセカンドアルバム「The Times」をリリース。2012Jazz page人気投票においてベストインストアルバム部門で1位を獲得。同時に2012ジャズマンオブザイヤーを獲得する。ベーシスト3人だけの自己のバンドや、劇団とのコラボレーションなど活動は多岐にわたる。

柴田亮 Drums
1981年、大阪生まれ。10才の頃からドラムを始め、江森文男に師事。神戸の甲陽音楽院在学中も関西のJazz clubで演奏。2003年春ボストンのBerklee college of musicに入学。同校にてTerry linn Carringhton, Mark walkerにドラムを師事。在学中は同校の選抜バンドに参加。Berklee Monterey Qurete2008(BMQ)の一員にも選出され、Monterey Jazz Festivalに出演。現在は三木俊雄率いるフロントページオーケストラをはじめとする国内バンドに参加する傍ら、国内外のツアーにも参加するなど世界を舞台に活躍中。

コメントを残す

Recent articles

Recent comments