「フーテン」「ねこまたぎ」「夜なべ」…最近、耳にしなくなった150の言葉を集めた本。消えてしまうには惜しい言葉たち。社会の変化に伴い、使われなくなり、言葉も変わる。▼先日、活動写真弁士の催しを見に行った。スクリーンの横に...

machiadmin 2018年3月28日 続きを読む

春です。暖かくなると体を動かしたくなってきます。私はメタボなので、運動を取り入れながら「健康的に痩せたい」というのは十年来の願いです。しかし、ダイエットを続けるというのは難しいです。開始当初は強い気持ちがあっても、しばら...

machiadmin 2018年2月28日 続きを読む

もうすぐ春です。あたたかくなると、眠っていた植物が目を覚まします。土がふくらみ、新たな生命が芽吹きます。大地の記憶をわたしたちに伝えてくれる草花たち。耳を澄ませば、その植物がつないできた太古から今に至る話を聞かせてくれる...

machiadmin 2018年1月28日 続きを読む

まもなく2018年。今年を振り返り、新たな抱負は決まりましたでしょうか。目標達成において一番難しいのは継続ですね。この本は「どうしたら継続できるのか」について書かれています。新年のスタートにはもってこいの一冊ですね。最も...

machiadmin 2017年12月28日 続きを読む

私のとても好きな一冊です。この本は本当に気持ちを鼓舞してくれます!引用したい文が山のようにあるのですが、その幾つか抜粋します。「生きるというのは、瞬間瞬間に情熱をほとばしらせて、現在に充実することだ。過去にこだわったり、...

machiadmin 2017年11月28日 続きを読む

芸術の秋です。甲府中心街もよく見て歩くとアートが点在してますね。今日、紹介するのは『超芸術トマソン』です。超芸術とは「建築物に付着して、美しく保存されている無用の長物」のことです。例えばどこにも通じていない階段(階段がた...

machiadmin 2017年10月28日 続きを読む

芸術の秋です。甲府中心街もよく見て歩くとアートが点在してますね。今日、紹介するのは『超芸術トマソン』です。超芸術とは「建築物に付着して、美しく保存されている無用の長物」のことです。例えばどこにも通じていない階段(階段がた...

machiadmin 2017年9月28日 続きを読む

私が春日小の児童だった頃の夏休みは8月31日まででした。今ぐらいになると急に焦るのが夏休みの宿題です。毎年のように「どうしてやらなかったのか」と後悔が募ります。夏休み初日には分刻みの計画を立てて万全なのですが、1日もクリ...

machiadmin 2017年8月28日 続きを読む

「やま読ラリー」が7月20日にスタートしました。図書館と書店を巡りスタンプを集めるとオリジナルしおりがもらえます。卓球の平野美宇さんをはじめ素敵なしおりが集まりました!ぜひご参加ください。図書館と書店が一体となった取り組...

machiadmin 2017年7月28日 続きを読む

田舎に暮らす二人の姉妹の物語。長女が若かりし時に出会ったフランス将校、次女が若かりし時男性歌手から手ほどきを受けたオペラ芸術との出会い、今はもう遠い日の思い出だ。慎ましく暮らす毎日の中で、突然に現れた亡命者の女・バベット...

machiadmin 2017年6月28日 続きを読む
甲府の夏 食欲の夏
『食べる。』

甲府の夏は最高だ!暑さが日本一なら、ビールが日本一美味しく飲める街かもしれない。そうは意気込んでみても、やはり夏は食欲が落ちる。▼今回の本は、若い女性が一人で世界各地でその土地の文化を味わう旅行記だ。美味しいものばかりで...

2016年7月28日
読書会は楽しいよ♪
『 稼ぐまちが地方を変える 』

毎月開催する読書会が100回目を迎える。続いた要因は会自体が面白いことに尽きる。読書は一人でするものと思っていたが、共読すると新たな発見がある。本に書かれていない盲点、別角度からの見方に「なるほど」と頷いたり、時には、遠...

2016年5月28日
新緑に包まれ歩いてみる
『 草 枕 』

「山路を登りながら、こう考へた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」『草枕』の有名な冒頭だ。執筆から100年以上経っても色褪せない言葉だ。明治になり西欧化が押進み、現...

2016年4月28日
甲府の異能な人
『アラマタ人物伝』

岡島百貨店の反田亘昭さん。中心街のちょっとした有名人だ。商品やサービス、催事の案内をしつつ、デパートの本来的な楽しさを伝える。しかし、反田さんの凄さはそれだけではない。仕事以外での中心街での活躍も際立つ。商店街の各お店の...

2016年3月28日
人の振り見て我が振り直せ
『鎌倉の地元遺産』

毎週火曜日の朝7:00-8:00に「得々三文会」という朝会を開催している。発表者が自分の仕事や社会活動について話し、参加者と一緒に語る会だ。発表は地域の人が担当し、現在までに200回を超え、延べ6000人が参加した。(参...

2016年2月8日
甲府暮しは楽しいのだ!
『TURNS Vol.14』

甲府移住を検討する人にその魅力を伝えるイベントが東京有楽町で行われた。人口減少社会に突入し移住促進はどの地方都市にとっても関心が高い。その分だけ地域間競争が激しい。一方で移住する側は人生の転機になるので、地域をよく見比べ...

2015年10月28日