今後の人生を想像する一冊
『鶴と亀 禄』

高齢化社会を扱った本です。表紙の通りに前衛的なデザインで表現しています。おじいちゃん、おばあちゃんの魅力が詰まっています。私は「カッコいいなあ」と思っていると、若い女性は「かわいい♪」と表現する写真の数々。人生の生き様が…

2018年8月28日
古典だって「まんが」であれば怖くない!
『幸福について』

「講談社まんが学術文庫」が創刊された。『罪と罰』『資本論』『歎異抄』…古典を読みやすく漫画化した人気シリーズだ。現代は目まぐるしく社会が変化して、それに合わせて処世術も次々に生まれる。読者はそんな時代の流れの速さに合わせ…

2018年7月28日
生命のきらめき
『川瀬敏郎 一日一花』

もうすぐ春です。あたたかくなると、眠っていた植物が目を覚まします。土がふくらみ、新たな生命が芽吹きます。大地の記憶をわたしたちに伝えてくれる草花たち。耳を澄ませば、その植物がつないできた太古から今に至る話を聞かせてくれる…

2018年1月28日
目標はできるだけ小さくしよう!
『小さな習慣』

まもなく2018年。今年を振り返り、新たな抱負は決まりましたでしょうか。目標達成において一番難しいのは継続ですね。この本は「どうしたら継続できるのか」について書かれています。新年のスタートにはもってこいの一冊ですね。最も…

2017年12月28日