「わからない」世界から始まる新しい旅の入口
『現代アート、超入門!』


梅雨入りですね。屋外での遊びが難しいと、映画館や美術館など室内で楽しむ娯楽が増えてきます。今回は現代アートのお話です。▼現代アートの前に立つと意味不明な姿に戸惑ってしまう人が多いのではないでしょうか。もちろん私もそうです。興味はあるのですが、何が「すごい」のか分かりません。これってそもそも美しいの?、価値あるものなの?、何を表現しようとしてるの?、次々に疑問符が湧きます。▼この本はそんな鑑賞者の前にある現代アートに対する「壁」を打ち崩してくれる本です。本の中には実際の絵が紹介されていて、読者と一緒にその絵を見つめながら、専門用語を使わずに易しく解説してくれます。現代アートの「わからない」の原因を七つに分類して、最終的に自分なりの見方ができるようにアドバイスしてくれます。現代アートの「わからない」は、新しい世界に出会う旅への入り口なのです。

『現代アート、超入門!』
藤田 令伊(著) 集英社新書 740円(税別)


2018年5月28日

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です