夏休みの宿題必勝法、よい子は真似しないこと!
『スーパーハイパー! 増補 バカ男子』

私が春日小の児童だった頃の夏休みは8月31日まででした。今ぐらいになると急に焦るのが夏休みの宿題です。毎年のように「どうしてやらなかったのか」と後悔が募ります。夏休み初日には分刻みの計画を立てて万全なのですが、1日もクリアできずに破綻して終わります。自由研究などはできた試しがありません。▼さあ、もう時間がありません。まずは9月1日に絶対提出ものです。これにはまずおじいちゃんを捕まえて、もはや数え切れなくなった「一生のお願い」をして、宿題の手分けをします。2・3日遅れてもよさそうな宿題は、うっかり家に忘れたことにします。読書感想文は「最終行の表現がねえ…」などと、いっぱしのこと言って一週間伸ばして等々、こんな時の悪知恵は人一倍です。▼ですが、学校に行くと驚きます。「おかしいなあー」と、朝まであった宿題が煙のように消えてしまった児童や、登校中に野良犬が何故か宿題をくわえて走りさるという、想像もできない怪事件が発生するのでした。

『スーパーハイパー! 増補 バカ男子』
清野とおる(著) イースト・プレス1,200円(税別)


2017年8月28日

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です