新緑に包まれ歩いてみる
『 草 枕 』

「山路を登りながら、こう考へた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」『草枕』の有名な冒頭だ。執筆から100年以上経っても色褪せない言葉だ。明治になり西欧化が押進み、現…

2016年4月28日