お正月は朝寝、朝酒、朝湯の小原庄助でエネルギー充電!
『やまなしの日帰り温泉』

1501甲府は全国でも珍しく県都の中心から豊富な湯が湧きだす街です。マチコレ!2014年12月号によると、昭和初期には甲府中心街に10軒以上の温泉旅館があったとのこと。温泉がとても身近な存在だったのですね。私は何を隠そう温泉マンです!温泉に浸かっていると本当に気持ちがいいですよね。嫌なことみんな忘れて、頭の中がぼうっとして空っぽになってリフレッシュします。それに自然からのパワーが毛穴という毛穴から体内に 取り込まれてくるようでエネルギーが充電されます。ですので、当時の環境がうらやましいかぎりです。もし当時私がいたら、仕事の合間に毎日ひとっ風呂浴びて仕事にならなかったかもしれません(笑)▼市内には日帰り温泉施設が沢山あります。この本を片手にあちこちのお湯につかってみてはいかがでしようか。(中心街でも電話をかけて確認すれば、意外な場所でも日帰り入浴があるそうですよ♪)甲府にはまだまだあなたの知らない奥深い「温泉の世界」があります。寒い季節です。身近なお湯の旅を楽しみながら、心も体も暖かくなりましょう。

『やまなしの日帰り温泉』
山梨日日新聞社 (著・編) 2,000円(税別)


2014年12月28日

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です