ドライバー歴 43年


私はタクシーの運転手という仕事がら、県外から来るお客様の観光地めぐりや史跡めぐりの案内をすることがあります。

甲斐の国と言えば武田信玄公ですが、その始祖である武田信光、武田信武などは安芸の国(現在の広島)の守護になっており、私は広島に行ったことはありませんが、広島の客様に「広島には武田氏ゆかりの武田山という山があるんですよ」と逆に教えていただいたこともあります。他にも全国数多くの武将や地域名でつながりのあることなどから、共通した話題にもなり「なんか山梨と親戚になったような気分ですね」と大変喜んでお帰りになる県外のお客様もいらっしゃいます。

県内のお客様でもご自宅の周辺地域の歴史、いわれなどをお話しすると年配の方はもちろん、若い方も大変に興味を持っていただけます。例えば・・・里垣小の名前の由来は、酒折のサ、東光寺のト、そして信玄公の重臣、板垣信方の領地であった板垣山のガキ、が一緒になって『里垣』となったんですよ、といった具合です。

県外のお客様から「山梨は歴史がいっぱいあってうらやましいですね」と言われたこともありますが、合併などにより甲府の城下町としての町名、歴史ある町村の名前が消えてしまったことは非常に残念に思います。

ドライバー 松本光正さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です